新築 フロンさんの銀行融資Q&A

元某大手銀行で融資業務、貸出資産の自己査定等を行ないました。平成の終わりまで融資審査業務をしていました。私自身も大家さんです。ご質問や投稿へのコメントも受け付けています。

銀行や不動産業者にとって、いいお客さんとは?

   不動産仲介業者や銀行にとって、いいお客さんって、どういう人のことですか?というご質問がありました。

 読み進める前に、クリックして応援をお願いします‼️

 


不動産ランキング

 

   不動産仲介業者にとって、いいお客さんというと、満額で買い付けをもらって現金で買うか、銀行のローンがすんなりとつくような、高属性の買主のことだと思います。

 

  元付けの不動産仲介業者は、売主から売却物件を預かったときにまず、懇意にしている銀行のローン担当者に物件資料を見てもらって、どういう年収で自己資金がどのくらいあるような人ならいけそうか、という条件面を確認するかと思います。物件評価額がわかるようなら、教えてもらいたいと思うでしょう。(担保評価してみないとわからない、と言われることもあります)

   これは、客付け側の不動産仲介業者も同様です。

   

   ポータルサイトへの掲載や一斉ダイレクトメールで、条件にあてはまりそうな、よい買主が現れたら、不動産業者にとって、それはいいお客さん、でしょうし、現金買い付けが現れなければ、その人に優先してあげたいと思うでしょう。

 

    昨今は融資が厳しいですから、買い付け順でなく、融資が先につきそうな人を優先するのは普通だと思います。

    不動産業者にとって、地銀のアパートローンや住宅ローンは、仮審査のスピードが速く融資審査の結果がでるのも早いですから、ありがたい存在です。

   (信金のプロパー融資は一か月くらい時間がかかりますから遅すぎますし、仲介業者がアプローチしても、本人からでないと受け付けません、とはねつけることもあります。)

 

   銀行にとっても、アパートローンがすんなりと通るような高属性の買主であれば、いいお客さん、といえます。

 

   要するに、不動産業者や銀行にとって、いいお客さん、というのは、物件を買ってくれる人、なのであって、銀行融資がでて、決済が終わって仲介料をもらってしまえば、あとはもう関係ないくらいの存在でしかないのです。(瑕疵担保がどうとか、いう不動産仲介業者がいますが口先だけで、本音として、責任を負う気はさらさらありませんw)

 

   実際問題として、融資決済が終わってしまえば、銀行とも、仲介業者とも、ほとんど接点がなくなりますから、そういうことなのです。(信金はプロパー融資なので一年に一度、決算書の提出を求められますが、地銀のローンの場合は求められない場合が多いですw)

 

いつも応援ありがとうございます。 


不動産ランキング

クリックしてランキングを確認

していただけると励みになります。

 

 

 

健美家さんに、ご紹介いただきました。

 

自己資金9,000万円!現役金融マン・新築フロンさんが新築アパート投資を始めた理由【前編】|不動産投資の健美家

 

気付けば社長の年収越え。現役金融マンの新築フロンさんが新築アパート投資で一番大切にしていること【後編】|不動産投資の健美家