新築 フロンさんの銀行融資Q&A

元某大手銀行で融資業務、貸出資産の自己査定等を行ないました。平成の終わりまで融資審査業務をしていました。私自身も大家さんです。ご質問や投稿へのコメントは、フェイスブックで受け付けています。

不況にも強い経営を目指すならどうあるべきか

  コロナウィルスの影響で、宿泊や観光、飲食などのサービス業が打撃を受けているようですが、銀行からみて、不況にも強い経営を目指すとするなら、どういう形態や業態が好ましいと考えられますか?というご質問がありました。

 

読み進める前に、クリックして応援をお願いします‼️

 


不動産ランキング

  

   銀行からみて、不況にも強い経営、ということであれば、外部流出を伴うコストを削減することが重要です。具体的には、①他人を雇わない、②家賃を支払わない、ことです。

 

    不動産経営は、上記の要件を満たしていますから、不況にも強い形態といえます。

宿泊、観光などのサービス業は、上記の要件を満たしておらず、好不況の影響を受けやすい業態ですし、飲食業などについても、同様といえます。

    

    不動産経営者で、民泊や旅館、ホテルなどのサービス業に参入する人も多いようですが、通常賃貸に比べて売上の変動が激しく、好不況の影響を受けやすいですし、

    シェアハウスなどの共用部のある形態については、コロナウィルス対策として、消毒など衛生面に配慮する必要があります。

いつも応援ありがとうございます。 


不動産ランキング

クリックしてランキングを確認

していただけると励みになります。