新築 フロンさんの銀行融資Q&A

元某大手銀行で融資業務、貸出資産の自己査定等を行ないました。平成の終わりまで融資審査業務をしていました。私自身も大家さんです。ご質問や投稿へのコメントも受け付けています。

銀行員は、融資審査のとき物件の固定資産税評価額を見ているか

   銀行員は、不動産融資するとき物件の固定資産税評価額を見ていますか?というご質問がありました。

21位以下(休刊)にならないよう、忘れずにポチをお願いいたします。


不動産ランキング

    銀行員は物件の固定資産税評価額は見ていません。
 
  (新築案件を審査するとき、固定資産税評価額は存在しませんのでww)
 
     不動産物件を売買するとき、仲介業者は固定資産税評価額を取り寄せて、売買日を基準として、日割り計算で固定資産税を売主、買主間で精算するかと思います。
 
    不動産仲介業者が必要だから取り寄せるので、銀行員も見ているんではないかと表題の質問を受けたわけですが、
 
    銀行と不動産仲介業者とで、見るべき視点は異なりますから、混同しない方がよいかと思っています。
 
    築浅の場合、銀行評価額よりも、固定資産税評価額は低く算出されるので、売主との価格交渉に使える点で、利便性があると感じています。
 
 
   (建物の固定資産税評価は税金を取るために、市や区が調査を行ない、評価額を決定します。新築完成後に、施主あてに市や区が調査お伺いを送り、施主から建築図面や室内の使用パーツがわかる資料を入手し、実地調査して算出します。)
 
 
       いつも応援ありがとうございます。 21位以下(休刊)にならないよう、ポチを忘れずにお願いいたします。


不動産ランキング

ポチして、他のブログもついでに見にいくと良いですね